buried in the sound 音に埋もれて眠りたい

好きなことを好きなように書き連ねます

【今週のお題】「やる気が出ない」&メンバー募集

朝からどんよりした天気で低気圧頭痛持ちには本当に頭が痛い。これから梅雨に入り、毎日この頭痛と付き合うと考えただけでやる気が失せる。

 

そんな気分にぴったりの【今週のお題】「やる気が出ない」

 

久々にブログ巡回なんてものをしてみる。Twitterとはまた違った感じで、みんな好きなように書き連ねていて、なかなか面白い。fav逃げよろしく、いろんな人にスターをつけまくる。どのブログも主の素顔が垣間見えるところがいい。情報公開に関して、いろいろと慎重にならざるを得ない世の中だけど、文章の中に潜む「素顔」を見つけるのが私は好きだ。自分の「レポートコピペブログ」は、素顔を晒したくない私の心持ちの表れということを、改めて思い知る。

 

もちろん自分で承知の上でアップしているけれど。

 

ひとしきり巡回を楽しみ、どうにも治らない頭痛にうんざりしながら外に出る。眺めのいい場所で食事をしながら、そう言えばここで演奏会の舞台に立ったな、ということを思い出す。

 

f:id:soundslave:20210516171704j:plain

 

「ここで演奏会やったことあるよ!」

現在テナーサックスを練習中の子供に自慢する。

「あっそう、よかったね(怒)」

「あれ、もしかして羨ましい?羨ましい?」

無駄に煽るおとなげのない親。

 

バンドクリニックの会場だった。課題曲の模範演奏を披露し、それを中高生が鑑賞する、というスタイル。今思えばそれクリニックって言えるのかな、と疑問だ。それはさておき、一番難しいとされる課題曲ではたくさんの聴衆がいたが、その曲が終わると大勢がそそくさと帰っていった。金賞狙いでほか(の曲)はどうでも良かったのだろう。プレッシャーもあるだろうし、純粋に楽しむなんてできないよね。中高生だって忙しいし。全曲は聴けないわな、そりゃ。と思いながら少し虚しかったりもした。

 

私が「吹奏楽に熱心な学生」に懐疑的な気持ちを抱くのは、この辺りの経験からきている。

 

正直、本番を「楽しんだ」ことなど一度もない。いつも緊張で手足は震え、緊張を誤魔化すためにおちゃらけ、なんでもない風を装うことで、どうにか正気を保っていただけだ。我ながらつくづく「演奏家」に向いていないなと思う。有名人と共演したりバンドジャーナルに掲載されたりして、確かに充実していたはずだが、あの頃は「ほら、BJに写真載ってるよ!」と言われても、思い出したくもない本番の緊張を思い出してつらくなるだけで、「ふーん」と興味がない態度でやり過ごした。ひねた学生だった。今思えば、自分が載ってる雑誌くらい買うべきだったと、後悔している。バックナンバーには、もうないだろう。

 

食事を終え、再開発が進められている駅東口に向かう。「商業テナント募集中」の文字が目に入る。オフィス用に一区画くらい借りられないだろうか。立地条件は申し分ない。広さは?家賃は?頭の中で逡巡するが、頭痛のせいでこれ以上考えられそうにない。しかし現在構想中の自分の計画を2、3年以内に遂行するには、常にアンテナを張り巡らせていなくては。有力候補として考えておこう。なんてモタモタしてるうちに、好条件の場所はすぐに埋まってしまうかもしれない。それはそれで縁がなかったと思うしかないのだろう。

www.city.saitama.jp

 

過去を思い出してみたり、未来の構想を考えたりしているうちに、少しだけやる気が出てきたように思う。「とりあえず外に出る」ことは、少なくとも私にとっては、簡単で効果覿面だった。

 

 

【メンバー募集】(女性限定&未成年不可)

女性ユニットとして一緒に活動してくださるメンバーを募集中です。

現在、クラリネット&サクソフォーンの女性デュオで活動しています。あがり症な私ですが、昔に比べてだいぶ落ち着いて演奏できるようになってきてます。

 

※活動費を月2,000円領収いたします。

月2〜3回程度の練習室代、出張演奏の際は私が運転しますので、ガソリン等交通費、

楽譜購入費、楽譜作成費、 作曲、編曲代等を含めた活動費としています。

また、木管楽器のみの編成です。

クラリネットの方、フルートの方からのご応募お待ちしております。

 

なお、「お膳立てされたことに乗っかりたいだけ」の方はご遠慮ください。

 

一緒に考えて行動してくださる方を希望しています。

 

ホームページのお問い合わせフォーム、またはメールまで、お問い合わせください。

ホームページ↓

https://marble-number.jimdosite.com/

メール↓

ejun2244@gmail.com